カラダのプロ
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カラダのプロの記録

身体の辛さ取り除く。それが自分。

冷やすべき?温めるべき?どちらが良い?

あなたはどこか怪我した時など

痛い・辛い場所を冷やすべきなのか
それとも温めるべきなのか

迷ったことありませんか?

これは大切なことでもあります。

なので今回は簡単な見分け方をご紹介


とても基本的なことですが重要です。

知っている方も多いかもしれませんが


単純に言ってしまえば

その痛みがいつからなのか?
それがポイントです

1〜3日前頃からならば冷やしましょう

少しでもよくなってきていたら
その限りではなく温めて良しです。

温めて痛みが増すようであれば
まだ冷やしておきましょう。


3日以降経っている場合は
温めてあげましょう

特に筋肉や関節はこの判断がとても大切で
いつまでも冷やしていると
動きにくくなったり
朝方に固まってしまって
非常に動きにくかったりします。

もちろん
温めて痛みが増す場合であれば
まだ冷やしましょう。

怪我によってこの辺りの判断は変わってきますが
(例えば骨折の後など明らかに大きい怪我の場合など)
日常で起こる痛みや辛さに関しては
とおよそこの判断で大丈夫です。


もし迷われたり、判断が難しければ
専門の方に聞くか
コメントにて私に伺うかしていただければお答えします。