カラダのプロ
読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

カラダのプロの記録

身体の辛さ取り除く。それが自分。

施術家として大切な観察力の1つ


関節の動きが滞ってしまった場合

考えられる要因は

筋肉

関節包

関節内

骨格

主にこれらです。


他にもあげればありますが

特にきっかけもなく
気づいたら動きにくくなっていて

いつまでも治らず
ふとした時には月日が経っている

そんな場合はこれらが主です。


たったこれだけ

しかし
きちんとした知識と経験をもとに

何が要因になっており

どう直接的に関節的に関わっていて

それが元でどこに負担がかかっているのか

この辺りの判断は

カラダを良い状態にするのに非常に重要です。

そして、
ただ直接的な部分を改善しただけでも

関節的なところをしっかりとアプローチしない限り
また同じ症状繰り返してしまいます。


1つの関節だけの問題ではなく
複数の関節が伴っているケースも多々あります。

火の元だけではなく、煙の部分もしっかりとケアしましょう。
そして、煙にとらわれずに
火の元もきちんと発見し、ケアしましょう。

そうすればあなたも
施術家として信頼される事でしょう。